外資系は有能な若者に適した職場

若者に適している理由を知ろう

外資系企業は若者にとって将来性を高められる可能性を秘めているのがメリットです。日本では年功序列の考え方が根強いことから、昇進や昇給についても、仕事の割り振りについても年齢が加味されているのが一般的になっています。まだ就職して間もないような若者にとっては活躍の機会を手に入れるのが難しく、昇進や昇給のきっかけすら作れずに悩むこともないわけではありません。しかし、外資系企業では年齢についての意識がそれほど強くなく、適材適所で仕事を割り振ります。そして、成果を上げれば正しく評価してもらえるため、企業側の期待以上の仕事をこなし続けていれば若者でも大きなキャリアアップを達成できる可能性を秘めているのです。

有能さが求められるので気をつけよう

若者にとって外資系企業は若いうちから成果を上げてキャリアアップできる可能性があるのは確かですが、逆のリスクがあることも念頭に置いておく必要があります。有能な若者でないとキャリアアップをするのが難しいどころか、一般的な国内の企業に比べて年収が低くなってしまうこともあるのです。外資系企業では年齢をあまり加味せずに評価するのが基本なので、成果が上がらないまま年を重ねていってしまうと無能な人というレッテルを貼られてしまいかねません。きちんと成果を上げていけるような能力の高さが若者にも求められるのが外資系企業の特徴なのです。転職するときには強みを生かせる企業を探し出すことが重要になると覚えておきましょう。