外資系の企業風土と文化

外資系企業の社風は「ドライ」で「合理的」!

外資系企業は日本企業に比べて「ドライ」な社風だと言われます。それはなぜでしょうか。まず外資系企業と日本企業では「会社」に対する考え方に違いがあります。外資系企業は「組織(会社)」の下に「仕事(プロジェクト)」があり、そこに「人(社員)」を配置するという考え方をします。そのため、プロジェクトがなくなれば、そこに参加していた社員がリストラされるということも起こります。

日本企業の場合は、人を活かすために部署やプロジェクトを立ち上げることもあるため、仮にプロジェクトがなくなったとしても、社員は配置転換されるだけで済みます。日本人から見れば外資系企業の社風は「ドライ」と言われる理由の一つです。ただし海外のビジネスマンは、プロジェクトが消えてリストラされても、すぐに自分の能力を活かせる次の企業を探し、転職します。必要以上に落ち込むことがないのは、それが外資系企業の文化だからです。

「ドライ」だけど「チームワーク」を大切にする!

リストラされてもすぐに転職できるのは、個々が「何かの仕事のスペシャリスト」として独立しているため可能な事だと言えます。逆にプロジェクトがなくなった後で、自分の能力を活かせない部署に配属されたら、無駄な時間だと思い自ら転職するでしょう。このように考えれば「ドライ」は「冷酷」という意味ではなく、「合理的」という側面が強いと考えられます。

また外資系企業の社風はたしかに「ドライ」ですが、コミュニケーションを日本企業以上に大切にします。さらにチームワークやパートナーシップを築くために、フロアをオープンに改造するなど投資しています。「飲み会がない」「社員同士で遊びに行かない」という点を捉えて「ドライ」と言う人もいますが、それは仕事とプライベートのけじめをつけているだけで、仕事中のコミュニケーションは外資系企業の方がしっかりと取る傾向があります。