日本企業よりもシビアな要素が多い?

職種によっては目に見える形での成果を求められることがある

外資系企業は、年功序列や終身雇用といった日本企業のような仕組みを採用していないところが多く、職種によっては常に目に見える形での成果が求められる傾向が見られます。たとえば、営業職や技術職として外資系企業に転職をする場合には、昇進や昇格のために取引先や顧客の評価が重要となったり、職場内での貢献度が厳しくチェックされたりすることがあります。最近では、中途採用の社員に対して、予め業務の目標を指定する外資系企業も増えており、達成できなかった場合に減給や降格に繋がることもあります。そうした中、外資系転職後のリスクに備えるうえで、なるべく自分が得意とする職種を選択したり、日ごろからスキルアップを図ったりすることが重要です。

日本企業と比べて事業縮小に伴うリストラのリスクが高い

外資系企業では、日本企業と比べて事業縮小に伴うリストラのリスクが高く、仕事で結果を残せない人は、入社から間もない場合でも退職を迫られることもあります。また、国内外に多くの営業所がある外資系企業に転職をする場合には、世界的な政治や経済などの影響を受けやすく、不況の際に大規模なリストラが行われることもあるため注意が必要です。こうした問題に対処をするには、求職中に外資系企業で長く働いている人に職場選びのアドバイスを貰ったり、過去数年間の業績や中途社員の採用状況などをもとに将来性のある企業を見極めたりすることが大事です。その他、自分の能力やキャリアを生かせる外資系企業をスムーズに探すため、外資系転職に強い人材紹介会社にサポートを受けるのも良いでしょう。