外資系は英語力が必須?

英語力がないと厳しい場合が多い

外資系の企業に転職するときには英語力がないとかなり厳しいのが一般的です。採用の時点でどのくらいの英語力があるかを試される場合が多く、面接では英語による受け答えをしなければならないこともあります。少なくとも流暢に自己紹介ができるくらいの英語力がないと面接を切り抜けることはできないでしょう。また、無事に面接も乗り越えて入社できたとしても現場では英語を使うケースがたくさんあります。会社によっては日本国内なのに社内でのコミュニケーションは全て英語を原則としているところあるのが実態です。日常会話からビジネス会話、さらにはメールや電話などのやり取りについても英語でこなせることが求められていると考えましょう。

英語力が低くても良い場合もある

企業によって風土が違うのは外資系でも同じで、日本法人の場合にはそれほど高いレベルの英語力を求められない場合もあります。履歴書も日本語で書いて良く、面接も全て日本語という外資系企業もあるのです。大抵は海外の関連会社への転勤などがなく、終身で日本国内で働ける仕組みになっていて、現場でのコミュニケーションも日本語が使われています。ただ、全く英語を使えなくても良いというわけではなく、海外法人との電話会議やメール、海外法人が関わる取引の書類作成などについては英語を使うのが原則です。日常的に使うわけではないので英語力が低くても業務の大半をこなすことはできますが、入社してから英語を学ぶ必要が生じるでしょう。